黄土よもぎ蒸しという温熱療法をご存知でしょうか?

女性の体にとって大切な子宮。

丹田という部位にもあたり、ここを意識できる体は、地に足つけた精神力にも関係すると言われます。

この部位が冷えることで、気持ちまで影響しやすいというのは満更でもない気がします。

黄土から放射される遠赤外線は、体の芯まで熱が届きます。

すると、子宮の筋繊維は柔らかい動きやすい臓器となり、生理での経血もスムーズに排泄されるようになると考えられます。

また、よもぎ蒸しでデリケートゾーンを清潔にするという考えは、日本にはあまりないかもしれませんが、第1チャクラと言われる場所でもあります。

東洋医学でいう、経絡のの始まりの部位でもあり、エネルギーの出発点ともいえる場所です。

下から上に循環している、目に見えない気の流れも整うのでは?という考え方もあります。

子宮という女性ならではの体を意識してみると、何か変化が現れるかもしれませんね(^^) 

黄土よもぎ蒸しとは

肛門と子宮の粘膜からヨモギの蒸気を吸収させることで、体を芯から温め健康を保つ韓国の民間療法です。韓国では昔、産後のケアに使われていました。

骨盤の中の臓器を直接温めることで、全身のリンパ液や血液循環をよくし、新陳代謝を促進します。

低体温、冷え性改善、免疫力UP、美肌に効果がみられる温熱療法です。

・冷えとり・基礎体温UP 

・免疫力をあげ、自然治癒力を高める。

 ・骨盤内臓器、(生殖器・直腸・膀胱)の機能を改善 
・生理不順、子宮・卵巣の機能を整える。
 ・よもぎなどの薬草成分が、シミ、むくみ、くすみ肌を改善。

韓国の産婦人科では現在も産後のケアの一つに、岩盤浴やよもぎ蒸しのお部屋があるそうです。

温めることで、体の自然治癒力を高めるのですね。

・抗菌酵素が多量に含まれ、座器自体を浄化する作用がある。

・解毒作用(体内のデトックス)(特に重金属などを排出)

・湿度調節作用

・電磁波遮断

・低体温改善

・心身安定・疲労回復(昔は疲れた時に黄土部屋で養生したとか)

・森林浴の100倍のマイナスイン発生

このようにすぐれた黄土。

韓国では単純な土ではなく、黄土の水で農薬を洗い流したり、風邪の治療剤にも使われたそうです。韓国の時代劇では、よく黄土がでてきていますよ(^^)

黄土よもぎ蒸しを控えたほうがいい場合

温熱療法は、人によりお体に負担がかかる場合やできない場合がございます。

黄土よもぎ蒸し禁忌事項をご予約の前に必ずご確認ください。

以下に当てはまる方はよもぎ蒸しを行うことができません。

・食後30分以内

・飲酒された日(養命酒なども含め)

・妊娠中、生理中出血が多い日

・皮膚に炎症のある方(怪我も含め)

・よもぎアレルギーの症状があった方

・手術を半年以内にされた方

・ペースメーカーなどの器機を入れている方。

・風邪などいつもと違う体調不良時

・サウナや岩盤浴で気分が悪くなったり、何らかの症状が現れたことのある方。

以下の方はご相談ください。

・漢方薬のアレルギーがある方

・蕁麻疹や湿疹が出やすい方

(蕁麻疹やアレルギー体質の方は、よもぎに反応がなくても、まれに好転反応として、湿疹が出現したり、悪化することもあります。お医者様とご相談下さい)

・高血圧を含め、心臓(循環器系)のお薬、抗血栓薬など服用中の方

・アトピー症状のひどい方

☆よもぎ蒸しをするとお体の嬉しい変化がある反面、場合によっては強い刺激となり、お客様により反応が色んな形で出る場合がまれにですが、あります。

☆その方にあわせた火加減、座り方、部屋の温度や時間を見ながら行いますが、事前にお体のことをお聞きした上で、できないと判断する場合がございますのでご了承ください。

よもぎ蒸しSTART♪

黄土よもぎ蒸しをして熱かったり、あまり気持ちのよいものではなかったというお客様も、オリーブサロンでは、ポカポカと心地よく感じて頂けるように、細かな温度調節をしております。

また、座器も毎回使用ごとに水洗いと乾燥で、清潔な状態で座って頂けるようにしていますのでご安心下さい。

黄土よもぎ蒸しの流れ

始めての方やお久しぶりのお客様は、カウンセリングがございます。お体の悩み、体調など、お話できる範囲でお聞かせください。

また、体質チェックシートで現在のお体を知ることもできます。

少しお時間がかかりますのでご希望の方、お急ぎでない方はお申し出ください。その際の所要時間は約90分となります。

まずは、マントを着ていただきますね。(下着も脱いで頂きます)

袖を出すタイプのものもございます。

蒸気が逃げないようにしながらも手を出せるので便利です。

お水を飲んだり携帯をみたりしながら時間を過ごせます。

座ること30分。

この時点で足が冷えている方は、足湯オプション500円で追加できますのお伝え下さいませ。

座り方の工夫で体感が全然違います。

あぐらをかいたり、前の方にお尻をずらして腰を温めたり、お顔を潜らせたり。。

黄土よもぎむしは遠赤外線で体の芯まで熱が届きます。

お腹にある血液やリンパ液などが巡り、一度でむくみがとれる方もいます。

終了後の体は汗が出ますが、サラサラとした気持ちの良い体感です。

よもぎの薬草成分が吸収され、タオルで拭きとるとさらっとしてベタつきません。

アフターティーをお出しします。

気持ちをクールダウンしてリラックスしてお過ごしください。

ご来店からお帰りまで約60分のお時間となります。

(お化粧品はご持参ください。)

体に負担をかけないよもぎ蒸しをお勧めしています

汗をかくまで蒸されることは気持ち良いのですが、体の負担になる場合が多々あります。

心地よい温もり感を感じられる状態がベスト。

30分以上座るとその時は良いのですが、後でだるさや眠気などが強くでる場合があります。

これは、その日のお客様の体調や体質、季節などが大きく関係しております。

よもぎ蒸しは座るだけなのですが、代謝がすごく上がります。

その代わりエネルギーも消耗するのです。

東洋医学で言うと「気」を使いすぎてしまう状態。

春から夏は発散のエネルギー、秋から冬は収縮のエネルギーです。

自然のリズムも考えながらよもぎ蒸しを行うことで、体への負担がなく受けることができます。

良いものでもええ塩梅な加減が、その人の健康を損なわない秘訣ですね^^

自分のとってベストなよもぎ蒸し感覚をみつけてください。

オリーブサロンでは、その日の体調をお聞きしながらアドバイスさせていただきます。

気持ち良いよもぎ蒸しで体を上手にデトックスさせて、美容と健康を保っていきましょう。

コロナ感染症対策について

換気と消毒などの衛生管理、体調管理を徹底して続けてまいります。

お客様にご協力して頂くことも増えてきましたm(_ _)m

コロナウイルスは、飛沫からの感染が多いこともわかってきました。

よもぎ蒸し中はお客様はマスクはできませんので、仕切りをさせていただきながらの会話になります。

また、換気はよもぎ蒸し中は室温が下がるためできませんが、しっかり温もったあとの状態での換気なら大丈夫と思います。

滞在時間も長くなるため、窓の開放を途中でさせていただきます。

座器とマントは水洗いでしっかりと洗い流し、乾燥させております。)


<お客様へのお願い>

飲み物は、紙コップでお茶のみにさせていただきます。

ご来店時と施術後の手洗いのほうをよろしくお願いします。

使い捨てのペーパータオルをご使用ください。

スリッパは使い捨てのものになります。

(体調管理について)

コロナウイルスの初期症状は以下のようです。

・味覚嗅覚異常

・頭痛

・筋肉痛、疲労感

・発熱

・呼吸器症状(息切れがいつもよりするなど)

これらの症状は代表的なものです。

何か体に変化があるときは、とにかく早く休むことです。

そして、様子をみてみましょう。

軽減が見られないときは、薬を安易に使わず、まずは受診するか保健センターへ相談しましょう。


<サロンの衛生管理>

掛物や敷物は、すべて使い捨てはできませんので、今まで通りのタオルです。

感染症情報センターの記事を参考にした方法で、タオル類は洗濯します。

洗剤濃度0,5%以上にぬるま湯5分つけてからの洗濯です。

床は洗剤を0,5%で薄めたもので清拭。

ベッド、ドアノブ、ブラシ、テーブル、ソファーはアルコール消毒。

洋服を入れるかごも清拭できるものを使用。

椅子はカバーをかけてあり、毎日交換できるようにしています。

部屋は窓を開けたまま、適宜に換気をしながら施術します。

カーテンをしているので外からは見えません。

温度調整はエアコン、電気ストーブ、、扇風機、窓の開放をしながら調節します。


<セラピスト体調管理について>

私自身の生活は電車通勤をしております。

健康状態は、黄砂、花粉のアレルギーがあるので、喉や鼻には気をつけております。

2022年3月現在も必要以外の外出は、まだまだ自粛しております。

家族は母親と愛犬と暮らしております。

感染のリスクはゼロではありませんが、今は免疫をあげることがとても大事な時期なので、サロンでのよもぎ蒸しがとても役にたつのではないかと思います。